We use cookies to give you the best online experience. By using our website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy. Read more about cookies

en bild
  • Register
  • Log in
  • 言語
Back

パッケージング&ファイバー

en bild

スウェーデンは、産業界からの革新的かつインテリジェントで輸送効率の良いパッケージングの要求に対し、多くの応えを出しています。また、新素材から一貫したパッケージングシステムに至るまで、バリューチェーン全般のノウハウを持っています。したがって、外国企業は、研究パートナーシップの確立、新素材を使った試作や印刷性のテストをはじめ、製品やプロセスを開発する上での数々の課題において恩恵を受けることができます。

革新的なパッケージングを生み出す源

Nefab、PLM、Tetra Pak、Åkerlund & Rausingの一連の製品を含む、パッケージング分野の数多くの画期的な発明は、スウェーデンで生み出され、世界市場で広く成功を収めています。また、パッケージング分野のエレクトロニクスのCypak、淹れ立てのコーヒー用パッケージングコンセプトのOneCafé、インスタント食品用システム技術MicVacなど、新規の革新的な企業が続々と現れています。OrganoClickは、セルロース繊維を強化して新たな特性を作り出す技術を開発し、Xylophaneは、再生可能な素材からバリアフィルムを作ることを目指しています。

卓越した材料技術と包装技術

世界最大級の紙およびパルプの生産国であるスウェーデンは、繊維をベースとするパッケージングの専門技術を提供しています。新素材、特に繊維複合材料や、スターチ、グルテン、キシランなどの再生可能材料の開発に向けて、精力的に研究が続けられています。EUが出資しているSustainPackプロジェクトは、持続可能なパッケージングに関する大規模な産学研究イニシアティブで、国際的に有名な研究開発機関であるスウェーデンのSTFI-Packforskが全体をコーディネイトしています。

研究開発とテストの盛んな環境

外国企業は、研究開発やテストの盛んな環境で、新たなパッケージング素材の開発や、印刷性の試験を行うことができます。プロセススケール1:1で機械のパイロット操作ができる場所が複数あり、さまざまな中核的研究拠点は常に外国企業との共同プロジェクトを受け入れる態勢にあります。特に高い関心を集めている分野は、インテリジェントなパッケジングの開発の要となる、プリンテッドエレクトロニクスという技術です。

消費者の動向を知るのに最適な拠点

消費者調査は、産業部門の研究所や大学で、あるいは研究パートナーや学術界のパートナーを通じて行われています。スウェーデンの消費者はトレンドに敏感で、要求水準が高いため、最新式の消費者テスト用研究室でのエンドユーザーテストや、新製品の売り出しに非常に適しています。

パッケージングに対する総体的な取り組み

スウェーデンは、製品の製造から再利用までのライフサイクルを通じて最高の性能と機能を備えたパッケージをデザインすることに重点を置いています。これには、Tetra PakのシステムやIkeaの簡易包装のように、最小限の資源を使い、効率的に配送できるパッケージをデザインする力も含まれます。

私共が提供するサポートは無料です。

スウェーデン大使館投資部は、スウェーデンでビジネスを展開したいとお考えの皆さまを、初期のリサーチから実際にビジネスをスタートしてからアフターケアにいたるまで、サポートいたします。スウェーデン大使館投資部がご提供するサービスはすべて無料です。

各分野別担当者連絡先はこちら 

en bild

ソーダバーグ 洋子

シニアインベストメントアドバイザー シニアインベストメントアドバイザー
03-5562-5014
E-mail yoko.soderberg@business-sweden.se