We use cookies to give you the best online experience. By using our website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy. Read more about cookies

en bild
  • Register
  • Log in
  • 言語
Back

バイオベースマテリアル

en bild

気候変動と石油価格の上昇により、天然の再生可能な資源に由来する最先端の材料の開発がずっと待望されています。スウェーデンはセルロース系繊維の新たな応用分野を模索し続けています。10年足らず前であれば、木材系のバイオリファイナリーは未来的だと考えられていたでしょう。現在では、多数の研究開発施設がバイオリファイナリーの可能性を積極的に探っており、再生可能な原材料を採用し、または林業や食品業界からの副産物を利用した先進的な各種製品、プロセスおよびテクノロジーを生み出しています。今では炭素繊維が繊維パルプから生産できます。やがて、ジャガイモの皮からできるようになるでしょう。

スウェーデンは、豊富な原材料に恵まれ、先進的な加工工場と世界トップの研究開発機関をもち、紙・パルプ業界における世界的リーダーです。ベルムランド地方のペーパー・プロヴァンス事業組合は全産業にまたがるトップ・ヨーロッパ・クラスターとしていくつかの賞を受賞しています。

未来の材料の研究施設国内に点在する多くの専門産業研究施設と並び、スウェーデンの大学と技術機関はともに広範な材料研究の能力を代表するものです。2019年にルンドに開設予定の欧州核破砕中性子源(ESS)は、エネルギー、製造、交通、ICTおよび健康などの分野における将来の材料に関し、ヨーロッパの科学最前線になります。

現在あるMax Ⅳ Lab研究施設とともに、この地域は材料科学に重点を置いたヨーロッパの研究ハブになる予定です。スウェーデンにおける研究やビジネスの状況が、産業のコラボレーションと技術移転を促進しています。外国企業は消費者調査やエンドユーザーテストなどの研究開発やテスト環境に容易にアクセスできます。この重点施策により新技術や新たな応用分野は市場の足掛かりをすぐに得ることができます。この分野への投資機会は、プロセス/製品開発における共同研究開発/技術プロジェクト、技術/商業的パートナーシップから、様々な形態のグリーンフィールドの施設、研究開発、製造、販売/サービスまで多岐にわたります。

私共が提供するサポートは無料です。

スウェーデン大使館投資部は、スウェーデンでビジネスを展開したいとお考えの皆さまを、初期のリサーチから実際にビジネスをスタートしてからアフターケアにいたるまで、サポートいたします。スウェーデン大使館投資部がご提供するサービスはすべて無料です。

各分野別担当者連絡先はこちら 

en bild

ソーダバーグ 洋子

シニアインベストメントアドバイザー シニアインベストメントアドバイザー
03-5562-5014
E-mail yoko.soderberg@business-sweden.se