We use cookies to give you the best online experience. By using our website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy. Read more about cookies

en bild
  • Register
  • Log in
  • 言語
Back

社会保障と年金

en bild

スウェーデンは公的資金による社会的給付の枠組みを提供しており、年金や健康保険から、両親手当や雇用関連の保険まで多岐にわたります。国民基礎年金および保険制度はよく職業保険プランと組み合わされます。

  • 技能の高い従業員を雇用する費用は国際競争力がある
  • 26歳未満の従業員については、社会保障負担割合が低い
  • 外国人要職者については、社会保障負担割合の軽減
  • 研究開発担当の従業員については、社会保障負担割合の軽減

スウェーデンの社会保険は多くの保障が盛り込まれており、育児休暇や保育から疾病傷害保険、障害者支援、高齢者介護まであります。スウェーデンのすべての住民が対象となっています。スウェーデンの社会保障制度は主に、国民基礎年金および保険プランにより、雇用者と従業員の法定負担金で賄われています。

多くの雇用者はこの負担金に加えて、従業員との職業年金・保険に基づく払い込みを上乗せしています。個々の従業員は給付額を民間保険で上積みすることもできます。

法定負担金の免除。26歳未満の従業員については、雇用者が支払う社会保障負担割合は軽減されています。雇用者は、31.42パーセントの通常の割合ではなく、15.49パーセントを支払います(2014年)。

New Startプログラムにより、長期間失業していた人の雇用が奨励されています。この改革により、1年以上失業給付金、疾病給付金、障害年金または社会手当を受け取っている人の法定の雇用者負担金が全額免除されます。この免除は失業期間に相当する期間有効です(最長5年まで)

外国人の専門家については、外国人要職者の税の減免制度の一環として、雇用者負担金の減免が利用できます。

スウェーデンに研究開発部門をもつ会社については、雇用者負担金の減免が利用できます。この減免は研究開発担当スタッフに適用され、雇用者負担割合は10%引き下げられます。1企業グループ内での月額の最高割引総額は230,000クローナです。