We use cookies to give you the best online experience. By using our website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy. Read more about cookies

en bild
  • Register
  • Log in
  • 言語
Back

スウェーデンの法人税

スウェーデンの税制は透明性が高く効率的で、国際投資家のニーズに応えるように制度設計されています。会社は有利な税規則、持ち株会社の優遇措置、外国人要職者の税の減免から恩恵を受けることができます。

  • 競争力のある法人税率
  • グループ内配当金の非課税
  • 株式売却時のキャピタルゲインの非課税
  • 過少資本税制なし
  • 外国人要職者の軽減税率

企業向けの税の枠組みは他のOECD諸国と比べて非常に有利になっています。法人税率は国際標準と比べ低く、会社の年間利益のみに課税されます。免許税や地方法人税はありません。

スウェーデンの法律は、スウェーデンに子会社、持ち株会社または支社を設立する企業に税制上有利な環境を整えています。その中身は、キャピタルゲインの非課税、グループ内配当金の非課税、過少資本税制なし、利払いに対する源泉税の非課税、配当金に対する源泉税の非課税または低税率があげられます。他の有利な法律と合わせると、スウェーデンはヨーロッパで最も魅力的な法人税制をもつ国のひとつといえます。80以上の国・地域と片務的租税条約を結んでおり、二重課税の回避に役立っています。Swedish National Board of Advance Ruling(Skatterättsnämnden)は拘束力のある事前税務裁定も行っており、企業が自社の税金対策がスウェーデンの税務上の観点から適切かどうかを事前に問い合わせができるようになっています。

会社が国外の専門家をスウェーデンに招致しやすいように、外国人要職者には所得税の減免が利用できます(Business Sweden営業活動のご案内「外国人要職者の税の減免」をご覧ください)。

競争力のある税規則

スウェーデンの持ち株会社制度

  • スウェーデンはキャピタルゲインと配当金が非課税となっており、他にも競争力のある税規則があるため、持株会社にとってヨーロッパで最も有利な課税管轄地に入ります。
  • 事業関連の株式からのキャピタルゲインと配当は、一般に非課税です。非課税の範囲は、他の諸国に比べて広くなっています。
  • スウェーデン企業および外国企業に保有される株式、またはそれから受け取る配当に免税が適用できます。

その他競争力のある税規則

  • 低い実効法人税率
  • 一般に、利息費用は税務上控除可能
  • 過少資本税制なし
  • 利子に対する源泉税なし
  • 株式資本に対する印紙税または資本税なし
  • 二重課税防止条約の広範なネットワーク